女性のキャリアに関する意識調査

2018.12.05

調査リリース

エンジニア人材サービスの株式会社VSN(本社:東京都港区、代表取締役社長:川崎 健一郎) は、全国・20~50代の女性ビジネスパーソンを対象に、「女性キャリアに関する意識調査」を実施。
調査手法はインターネットリサーチ。計3,669名から回答を得ました。

調査結果のまとめ

  • 最も希望する就業形態は「正社員」が47.5%
  • 「副業に興味がある」64.7%
  • 女性が生涯、働き続けたい理由は「生活するためにお金が必要だから」62.7%
  • 管理職を経験してみたい 17%
    その理由は「収入を上げたい」が75.8%
  • 未経験からでも転身できるならチャレンジしたい職種
    「医療事務」「公務員」「秘書」が上位の結果に

調査概要

調査方法 インターネット調査
調査地域 全国
調査対象 20~50代の女性ビジネスパーソン 計3,669名
有効回答数 合計3,669サンプル
調査日時 2018年9月11日(火)~9月14日(金)

調査結果

最も希望する就業形態=「正社員」という回答は半数以下。副業に対して「興味がある」は64.7%という結果に。

 全国の女性ビジネスパーソンを対象に今後、最も希望する就業形態を聞いたところ、「正社員」を選んだのは47.5%と半数を下回る結果に。(図1)
 また、副業についての質問には64.7%の方が「興味がある」と回答しています。(図2)

(図1)Q.今後、最も希望する就業形態を以下の中からお選びください(単一回答) A.「正社員」47.5%「パートタイマー」26.9%「契約社員/嘱託社員」7.8%「アルバイト」6.4%「派遣社員」5.3% (図2)Q.副業に興味はありますか(単一回答) A.「興味がある」64.7%「興味がない」11.5%「どちらでもない」16.8%「わからない」7.0%

生涯、働き続けたいと思う女性は44.3%。その理由は「生活するために収入が必要だから」が上位に。

 生涯、働き続けたいと思うかの問いには44.3%の女性が「はい」と回答。(図3)
その理由の6割以上が「生活するために収入が必要だから」という結果になりました。

(図3)Q.生涯、働き続けたいと思いますか(単一回答) A.「はい」44.3%「いいえ」22.5%「どちらでもない」22.4%「わからない」10.8%【「はい」と回答した理由】(複数回答)「生活するために収入が必要だから」62.7%「仕事を通じて人とのつながりを持てるから」38.8%「働いていないと視野が狭くなりそうだから」34.8%「働いていないと社会から隔離されてしまいそうだから」31.1%「仕事を通じて成長したいから」28.7%「仕事が好きだから」27.4%「専業主婦をするつもりがないから」26.1%「仕事を通じて社会の役に立ちたいから」24.2% n=2,448

管理職を経験してみたいと思っている女性は17%。「収入を上げたいから」という理由がトップの結果に。

  管理職について聞いたところ、全体の17%の方が「経験してみたい」と回答。(図4)
その理由は「収入を上げたいから」「仕事にやりがいを感じたいから」といった意見が上位に 選ばれています。

(図4)Q.管理職を経験してみたいと思いますか(単一回答) A.「経験してみたい」6.4%「やや経験してみたい」10.6%「あまり経験したくはない」17.7%「経験したくはない」46.4%「わからない」16.4%「現在、管理職である」2.5%【「経験してみたい」と回答した理由】(複数回答)「収入を上げたいから」75.8%「仕事にやりがいを感じたいから」51.6%「働く以上、管理職を目指したいから」36.2%「成長したいから」35.6%「責任がある仕事をしたいから」29.0%「女性が活躍できることを証明したいから」28.2%「仕事の視点を広げたいから」22.8%「主体的に仕事がしたいから」19.2% n=624

未経験から転身できるならチャレンジしたい職種は「医療事務」。次いで「公務員」「秘書」という結果に。

  未経験からでも転身できるなら挑戦したい職種を聞いたところ、「医療事務」がトップの結果に。専門性の高い職種が上位に挙げられています。(図5)

(図5)Q.未経験からでも転身できるならこれからチャレンジしたい職種を以下の中からお選びください(複数回答) A.「医療事務」20.6%「公務員」13.7%「秘書」13.6%「商品企画」12.8%「WEBデザイン・制作」11.1%「経理」10.2%「販売」9.9%「クリエイター(映像/WEB/音楽)」9.9%

Modis株式会社に関するお問い合わせ