菅生学園初等学校にて、プログラミング授業を開催しました

2018.11.19

お知らせ

菅生学園初等学校(東京あきる野市/校長: 丹治 充)4~6年生を対象に、当社社員によるプログラミング教育促進の授業を行いました。全五回授業の最終回となる今回は、ビジュアルプログラミングソフトの「mBlock」別ウィンドウで開くを使って、ロボットを実際に動かすためのプログラミングを体験しました。

初めてロボットへのプログラミングを学ぶ4年生のみなさんは、基本の操作方法を学習した後、それぞれにオリジナルのプログラミングを行いました。速度を変えたり、センサーを使って動きを制御したりするなど、今まで学んだプログラミングが実際にロボットを動かしている様子に興味津々でした。

5・6年生のみなさんは前回の授業で学んだ「mBlock」基本操作を復習し、音や光の効果と、演算などを用いたより高度なプログラミングに挑戦。カエルの歌を演奏するロボットや、前方にある障害物との距離によって光の色が変わるロボットなどと、今までに学んだ知識を活かして、さまざまな動きをするロボットが完成しました。

VSNでは今後も、IT・プログラミングへの興味を醸成する機会を提供をすることで、21世紀に活躍できる人材の育成に貢献してまいります。

Modis株式会社に関するお問い合わせ